子供服を選ぶときには素材も考えておしゃれより快適性を

おしゃれよりも快適な環境を

現在の子供服を見ると、大人がおしゃれを楽しむかのようにおしゃれなものが増えました。
子供でもおしゃれを楽しむ時代になったといわれますが、子供の成長ということを考えると、何でもいいというわけではありません。
素材も考え、子供にあったものを選んであげるということは、大人の務めだからです。

今の時代は、かわいい子供服を見つけると買ってしまうという人も増えました。
子供服を選ぶ際の基準が、デザインやカラーに偏重してしまってきているのです。
非常に危険なことで、子供にあっていない素材を着させてしまうことによって、健康を害したりすることは、何もいいことはありません。

おしゃれは我慢するものだといわれることもありますが、それは大人の話です。
子供のときには、そういった我慢をさせたりするのではなく、快適な環境を作ってあげることが重要なことを忘れてはいけません。

子供服として大切なパイルとニットキルト

子供服によく使われる素材には、ある程度特徴があります。
素材を覚えておくだけでも、適した子供服選びができるようになりますので、チェックしておくといいでしょう。

タオルに使用されることが多いのがパイルです。
リング状の毛羽が特徴的な素材ですので、見ただけでも判別がつくでしょう。
構造的に吸湿性や吸水性に優れているからタオルに使われるように、汗の書きやすい時期に向いています。

パイルの生地の性能は、リングの長さや太さによって変わってきます。
薄手と厚手といった部分も、このリングにかかっているといっていいでしょう。
タオルのような肌触りがあるので、子供服に使っても、肌に優しくできあがるのです。

毛とコットン、ポリエステルといった素材を2枚の生地に挟んで縫い合わせるのがキルティング加工です。
これが、ニットキルトになるわけですが、厚手になりやすくなります。
吸湿性と保温性に優れているのは、素材を重ね合わせているからで、肌触りも重視できるため、子供服にも使われるのです。

折り方の違いで生まれる天竺とフライスとスムース

表と裏の違いがはっきりしてる生地が天竺です。
表面は滑らかな肌触りになっており、横方向に対して伸縮性があります。
以前はメリヤス編みと呼ばれていました。
薄く仕上げることができるため、夏場に着させてあげると、通気性もよく、あせも防止になったりもするのです。

季節をあまり考えずに使うことができる割に、肌触りが優しいのがフライスです。
天竺と同じ横方向への伸縮性を持っています。
肌触りが優しいので、赤ちゃんにも向いており、フィット感をしっかりとしている子供服が出来上がるのです。

適度な伸縮性と厚みがあるのが、スムースです。
編み目の表面に特徴があり、滑らかに仕上がります。
スムースは、フライスの組み合わせでもあるため、両面編みとも呼ばれているのです。

この辺りの生地を知っているだけでも、適切なものを見つけることができるようになるでしょう。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *