子供服を厚着させてしまうことによる弊害を考える

子供には薄着がいいのにはわけがある

子供服は薄着が基本といわれます。
子供に厚着をさせるということは、さまざまな弊害が考えられるからです。
大人が考えてあげなければいけない部分であり、デザインだけで子供服を選ぶ問題に違い部分がありますので、よく考えていかなければいけません。

最も問題となる部分が、基礎代謝の問題です。
標準的な服装で健康な人の場合、冬のように気温が下がると、基礎代謝量が増加して行きます。
これが正常な状態です。
基礎代謝量とは何かといえば、安静時に生命を維持するだけに消費するカロリーを指します。
これが日本人の場合には、夏に低く抑えられ、秋、冬と寒くなるにしたがって高くなるのが当然なのです。

厚着を習慣としている人を見た場合、季節による基礎代謝量の変化が認められないという研究があります。
基礎代謝量が大きくなるということは、体内で多くの熱を発生させるということです。
熱を産生するということは、からだの中の組織が活発に活動することを示しています。
組織が活発に活動することにより、免疫力も高まっていくのです。
こうした状態にさせてしまうのも、親の責任だといえるでしょう。

厚着をさせることの弊害

厚着をすることで、動きが制限されるということも重要です。
子供に下着を2~3枚重ね着させた状態に、トレーナーやらジャンパーやらと重ね着させていたとしたら、身動きが取れるでしょうか。
たくさん着れば、その分動きにくくなるのは当然です。
動いていれば、その分だけ服の中に熱がこもるのですから、不快感につながります。
そうなると、動きたくなくなる悪循環につながってしまうのです。

人間の皮膚は、寒さや暑さを感じ取ります。
脳にその情報を伝える役割を持っている大事な機関でもあるのです。
この情報を十分に伝えることができないと、からだがもともと持つ調節機能が働かなくなってしまい、常に鈍い状態になってしまいます。
無意識のうち臓器に情報を伝える自律神経がかかわっているため、バランスの低下を招く恐れもあるのです。

保温効果と動きやすさを考えて

子供の服は、肌着を中心として保湿効果の高いものにしてあげましょう。
ただし、体温調節がしにくくなることから、機能性肌着は避けるべきです。
厚めの綿素材などにすることが重要です。

長袖のTシャツも重要で、これだけでもかなり暖かくなるでしょう。
そのうえで、必要に応じて重ね着をさせるということを考えます。
ベストなどを着せることによって、体幹部分は保温することができるようになるでしょう。
動きやすくしてあげることもできますので、こうした調整をしてあげることが重要になるのです。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *