赤ちゃん用の子供服は素材も考えて選ぶ

子供服と素材

子供服を選ぶ場合、どんな素材にしてあげるのかを考えてあげなければいけません。
子供にとって服という存在は、外部の刺激から体を守るたてのような存在になっています。
このたてが悪いものであれば、子供たちの健康が害されることになるでしょう。
それだけ重要なものだとして選ばなければいけません。

単純に考えて、子供の皮膚は刺激に弱い状態です。
まだ未発達な状態であり、ほんの少しの刺激でも、強い反応を示してしまいます。
そのため、繊維の中でも最も柔らかい綿素材を選ぶというのが重要になってきます。
綿は、肌着のチャンピオンと言われるほど刺激が少なく、子供たちの肌を守ってくれる繊維なのです。

赤ちゃんの肌を考えた場合、汗をかきやすいということも重要です。
汗腺が大人と変わらず、新陳代謝もいいため、汗を多く書きます。
汗をかけば、それだけ体を冷やすことにつながりますので、しっかりと吸い取ってくれる素材でなければいけません。
その点でも綿は体が湿っぽいときは水分を吸収してくれます。
乾燥してくると、水分を吐き出していく性質を持っているのです。
たくさん汗をかく赤ちゃんにとっては、とても気持ちのいい素材だといえるでしょう。

綿100%のフライス

赤ちゃんへの負担を考えた場合、綿100%を選ぶことが重要です。
その綿100%でも、折り方によって種類があることも知らなければいけないでしょう。
そのうちの1つがフライスになります。
天竺の次に薄手になる折り方で、通気性が良い特性を持っています。
よく伸びる特徴も持っており、まだ小さいうちは、このフライスを使った長袖カバーオールにしてあげると、快適に過ごすことができるようになるのです。

少し大きくなってくると、セパレートにしてあげたりすることになるでしょう。
そういった時期になったら、春にはフライスを使ったTシャツに綿100%のパンツにしてあげることがポイントになってきます。
外出する時には、半そでに長袖を重ね着ぎさせるだけで、温度調節もしやすくなるのです。

天竺は夏場むき

フライスよりも薄く作られる天竺は、夏に向いている素材といえます。
薄手の素材となるだけで、湿気や熱を逃がすことができるようになるため、暑い夏にぴったりなのです。
小さいうちは、天竺でできた半そでのカバーオールなども選んであげるといいでしょう。
大きくなってきたら、天竺のTシャツに綿100%のハーフパンツにしてあげる方法もあります。

紫外線対策ということを考えると、肌を優しく守ってくれる薄手の素材が重要ですので、天竺はもってこいです。
湿気も逃すことができますし、露出を極力抑えることができるため、効果を上げることができるでしょう。
クーラー対策としても天竺が向いていますので、葉織物として選んでおくことも重要です。

子供服の通販・買取りのサーカス
http://www.circus-circus.jp/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *